エヅリンからのお知らせ

下野新聞にエヅリンの取材を受けました

イベント・メディア

2020年6月1日(月)の下野新聞に、エヅリンが掲載されました。

その一部抜粋を以下に掲載します。

“県民を含む712人の新型コロナウイルス集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。「エヅリン」を経営する江連秀夫さんは、この豪華客船を清掃に当たったひとりだ。

5月26日午後、大田原市野崎中学校で開かれた講習会。江連さんは、同校と近隣小学校の教職員ら約30名に除菌作業を指導した。手袋は2枚重ねで机やいすの表面だけでなく、持ち手の内側や脚の裏もしっかりと拭く。「上よりも下の部分も除菌が重要」などとアドバイスした。

クルーズ船へは3月20日から参加し、船内ではトイレ利用や飲食ができず、一日に4回は下船。その度に防護服一式を着替え、全て捨てた。「見えない闘いで作業の効果が分かりにくい。どれだけ妥協せずにやれるかが大事だ」と実感した。

現在は、クラスタ―(集団感染者)が発生した病院などでの除菌や幹線予防のための企業での清掃などの仕事が相次ぐ。

講習事業には「専門家から教わった正しい消毒方法。それを広め、感染予防に貢献したい」と思いを望んでいる。“【直井萌乃】

「引越し」、「不要品回収・買取」、「遺品整理・生前整理」、「事業所様から出るゴミの収集運搬」、「特殊清掃(脱臭・ハウスクリーニング)」、「運送」など、エヅリンではさまざまなシーンに対応し、ワンストップでのサービスを一貫して行っています。

※悪質な業者にご注意ください!!

作業後に追加で高額な請求を要求されたり、作業中に発見した現金を返却しなかったなどのトラブルが急増しております。 処分を依頼したものが処分されずに不法投棄されてしまった場合は、最悪依頼した側も罪に問われる可能性もございますのでご注意ください。

エズリンからのお知らせ